お金借りる

 

最短即日。上手にお金を借りる方法

即日でお金を借りる方法はさまざまですが、同じ即日という言葉でも「今すぐ」「今日中に」「最短で」といったように急ぎの度合いが異なります。

 

また、ネットで借りられる・携帯で借りられるというように使えるツールを確認しておくことも重要です。最近ではWEB完結型のカードローンが増えているので、インターネットにつながったパソコンもしくはスマートフォンを持っているかどうかは分かれ道となります。

 

緊急の用事があってすぐにお金を借りたい場合には自宅にカードが到着するのを待っていられません。基本的には銀行振込みで融資を受けるのが最短となるでしょう。例外的に大手消費者金融の無人契約機を使えるならカードの到着を待たずに融資を受けられます。

 

銀行の営業時間は平日の15時までですが、手続きに時間がかかるので15時ぎりぎりに申し込みをしては遅いです。審査にかかる時間も考慮して余裕をもって申し込みをしましょう。

 

大手の消費者金融なら14時に申し込みをしたら14時半には審査の結果が出てすぐに振込みの手続きをしてくれます。14時20分くらいまでならギリギリ間に合うかもしれません。その時間を過ぎたら無人契約機まで行かなければ即日融資は受けられないでしょう。

 

誰にもバレずにお金を借りるポイント

急にお金が必要になることはありますが、金融業者が扱うカードローンを利用すると誰かにバレたらどうしようと思い不安に感じる人もいます。誰にもバレない、お金を借りる方法を紹介するので興味がある人は参考にしてください。

 

親と同居している人は、金融業者からカードや明細が送られてくるとバレやすくなります。そういう時は明細の郵送をしないように言っておくといいでしょう。カードは自動契約機で発行してもらうと親にばれないですみます。

 

旦那に内緒でお金を借りたい専業主婦の方は、銀行系カードローンに申込むと、旦那の同意書や収入証明書を提出する必要はないので、旦那にバレずにお金を借りることが可能です。

 

カードローンやキャッシングは、ほとんどの金融業者で職場に連絡をする在籍確認があります。いくら金融業者の名前を名乗らず個人名で電話をかけると言っても、知らない人から電話がかかってくると、周囲の人にキャッシングを疑われることもあります。

 

そんな時はWeb完結を利用する方法がおすすめです。電話による在籍確認はないので周囲にキャッシングがバレる心配はありません。Web完結だと自宅へ書類を郵送することはないので、家族にもバレずにすみます。

銀行でお金を借りるならどこがいい

銀行系の機関からお金を借りる場合には、特に金利などの面で他と比較してメリットが大きく、後々の返済のときの負担が大きく軽減されます。

 

たとえば他の機関としては消費者金融のカードローンやキャッシングが考えられますが、いずれも借り入れの審査などはやさしい反面、金利は高く借り入れができる限度額も少ないことが多いものです。いっぽうで銀行系でも筆頭に挙げられる銀行カードローンの場合ですと、現在では無担保かつ保証人なしで借り入れができ、金利も固定と変動の両方のタイプが存在し、しかも低金利というのがほとんどです。

 

金利の水準は一般的には限度額が高いほど低くなり、限度額が低いと逆に高くなります。限度額の設定は本人の希望もありますが、返済能力にもとづく銀行側の審査の結果によって決まる部分が大きいといえます。郵便局に窓口があるゆうちょ銀行でもローンでお金を借りることが可能です。

 

ほかに農協系列のJAバンクなども、この種のカードローンのしくみを持っています。いずれの場合も金利が安いのは他の銀行と同様ですが、場合によっては住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンに切り替えたほうが、さらに金利が安くなることがあります。

 

消費者金融でお金を借りるならどこがいい

消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する場合、総量規制の対象になるので収入を得ることが絶対に必要な条件です。配偶者貸付を適用していれば配偶者のものでも借りられますが、夫婦で無収入では法律の制限で借りられる上限額が0になります。

 

どの消費者金融に申し込むか比較するときは、特別な事情がない限りは大手の消費者金融にするのが無難です。中小や中堅は審査が甘いと言われていますが、大手と比べると利便性が低くなることが多いです。

 

大手では在籍確認を書類代用にしてくれる、提出書類は画像データの送信が利用できる、自動契約機が設置されている、カードを使ってATMでお金を引き出せる、様々な銀行を振込み先に指定できるなど、利用者が多いので利便性も高められています。すぐに返済できる場合は無利息期間のある消費者金融にするのも無駄を抑えることができるので便利です。

 

申し込みはインターネットを使って行うのが手軽です。対面で相談したいことがある場合は店舗に行った方が良いですが、結果が出るまで待たされます。

 

大手の審査に落ちる場合は中小や中堅の消費者金融を試します。一部にはブラックでも契約できる場合もありますが、様々な業者があり、無名であるため必ずしも信用できるとは言い切れないことは理解しておきましょう。

 

お金借りる|よくある質問

何歳でも申し込みできる?

お金を借りる申し込みをする場合に、何歳から何歳までという制限はあるかというと、下限はあります。成人でないと契約などを一人前に締結できないからで、まもなく18歳ということになります。
では上限はというと、表面上は年齢制限はないということになっていますが、それぞれの金融機関では内規という形で65歳未満というように定められています。もちろん、それを断る理由の前面に出してくることはほとんどなく、事業計画の問題点と返済計画の可能性などということを指摘するにとどまっています。
しかし、ある金融機関では借用時点で65歳未満であること、返済完了は70歳未満と明確に示していますから、多くの金融機関も同じような縛りがあるとみて参考にするとよいでしょう。

誰でも在籍確認は必須?

 

お金を借りるときにある在籍確認は会社に電話がくるため、周囲の人にばれてしまわないか心配になり電話なしで借りたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、勤務先に連絡することで申込書に記載された勤務先に虚偽がないかの確認を行うため、基本的に電話なしで借りることはできません。会社に電話されることで心配な点は自分以外の人が電話を取ったときにばれてしまうのではないかということでしょう。この点に関してはあまり心配する必要はありません。借金をするというプライベートなことを第三者にばらすことは法律でも禁じられています。そのため貸す方も在籍確認には細心の注意を払い行っています。銀行系を利用する場合は銀行名を名乗るので、口座開設とでも言っておけば周囲にばれません。また、カードローン会社の場合個人名でかけてくるので別件の連絡が来るかもしれないと事前に会社の人に言っておけば詮索されることも少ないものです。

利息なしで借りるには?

結論から言うと、利息なしでお金を貸してくれる金融機関は探せばあります。ただし、そのような無利息の融資とは期間が限られています。例えば「借り入れした日から30日間だけ無利息になる」というような具合です。しかも、こうしたサービスは初めての利用者だけに限定されているなど様々な条件があります。決して誰でも何時でも無制限に利息なしで借りられるわけではありません。
また、カードローンやキャッシングなどの無利息サービスやキャンペーンとは、実施中かどうかは最新情報で事前に確認する必要があります。たとえ利息なしで有名な金融機関でも、タイミングが悪いと実施していないこともあります。それに利息なしの期間が終われば翌日から利息が発生しますので注意しましょう。

総量規制を詳しく教えて?

消費者金融でお金を借りる時には、商品によってあらかじめ貸付の上限金額が決められています。10万円までしか借りられないローンもあれば、500万円まで借りられるローンもあります。しかし、誰でも上限までの金額を利用できるわけではありません。消費者金融では、貸金業法という法律によって「その人の年収の3分の1以上の融資はできない」と定められています。これが総量規制です。例えば年収300万円の人であれば、100万円以下の融資は受けられますが、消費者金融で100万円を超える金額を借りることはできません。それでは3分の1以上の融資を受けたい時はどうすればよいのでしょうか。それは銀行や信用金庫のローンを利用する方法です。銀行系のローンは総量規制対象外となっているため、3分の1以下という規制はありません。そのため、審査に合格すれば上限までの金額を貸付してもらうことも可能です。

退職して無職でも申し込める?

無職の人がカードローンやキャッシングに申し込んでも、一般的に審査は非常に厳しくなってしまいます。なぜなら働いてない人なら無収入である可能性が大きいからです。しかし無職であったとしても、不労所得など、何らかの定期的な収入がある場合は話は別です。
全てのローン商品は、原則として無収入の人は利用できません。何しろ収入がなければ返済能力もないということですので、ローン会社に申し込んでも受け付けてもらえないと思われます。そのことについては、商品の利用規約などにも明記されているはずです。
それゆえ無職でもお金を借りたいなら、身内や友人などから借りるのが賢明です。もしもローン会社から借りたいなら、不労所得を得るか、さもなければ担保や保証人などを用意するくらいしか方法はないでしょう。

ブラック状態でも借りれる?

ブラックリストとは、正確には個人信用情報機関に記録されている「事故情報」のことです。事故情報は、返済の滞納や債務整理など債務者の過失です。
過失があるとお金を貸せる信用がないので、基本的にはブラックな人はお金を貸してもらうことはできません。ただ、ブラックでもお金を貸してくれる業者は少なからず存在します。
そもそもブラックにはお金を貸してはいけないという規制はなく、各社ごとで信用がない人には貸せないという判断によるものです。そのため中にはブラックOKという業者がいてもおかしくはありません。
しかし、その多くは闇金業者です。高利貸しや脅迫的な取り立てを受けることになり、非常に危険なので注意しなくてはなりません。

自己破産経験者は借りられない?

自己破産をしていると基本的に金融機関の審査には通りません。昔は消費者金融なら借りられる可能性がありましたが、現在はきびしさが増しているので、消費者金融でも審査に通らなくなっています。ほとんどすべての会社で断られますが、時間が経過するとまた借りられるようになります。消費者金融やクレジット会社では5年が経過したら信用情報に影響しなくなり、また審査に通るようになるそうです。銀行の場合には10年は影響します。基本的には自己破産をしたことがばれると審査落ちしますが、高年収で安定収入を得ているなど総合的に信用がある人なら例外的に審査通過することもあります。ほとんどの人は5年が経過するのを待つのが無難でしょう。

母子家庭は申込めない?

母子家庭の方がお金に困った場合、カードローンよりも先に検討したいのが母子父子寡婦福祉資金です。この制度は20歳未満の子供を不要している母子家庭のお母さんや子供を対象とした制度で条件に当てはまるのなら父子家庭でも貸付可能です。税金や健康保険料などを滞納していないということが前提になっています。社会福祉事務所や市町村の福祉課でまずは相談をして、相談員との面接、書類提出、審査を行ってから借りることができます。誰でも申し込めば借りられるというわけではなく、申込から実際の融資までには1ヶ月以上かかる場合もあります。連帯保証人がいる場合には金利はゼロ、保証人を立てられない時でも年利1%ですので、カードローンなどと比べても圧倒的に安く借りることができます。

ヤミ金とは?見分け方は?

サラ金とは正規消費者金融のこと、ヤミ金とは違法消費者金融のことです。
貸金業法が完全施行される前、貸付に対する法律が緩かったこともありサラ金も褒められた経営はしていませんでした。その当時にサラリーマン金融(略してサラ金)と呼ばれており、その時のイメージから今でもヤミ金と混同されてしまいがちです。しかし、法が整備されてからはクリーンな運営がされているのが現在のサラ金です。
ヤミ金は、今も昔も法律に従わない悪質な業者です。高金利が主な特徴で、トイチ10万円融資で10日後に1万円の利息)で有名です。闇金以外は最大で年20%が金利上限なので、サラ金以外の業者を利用すると非常に高い利息を取られることになります。

土日や夜中に借りることはできる?ここに質問を入力
金融機関は土日や夜が休みなので、お金を借りるのが難しいと思う方もいるのではないでしょうか。ローンカードを持っていれば、直営のstmが稼働していなくてもコンビニや商業施設、駅などの提携のatmを使って借りられます。特にコンビニは24時間営業の所が多いので、メンテナンス作業をしている時間以外は土曜日や日曜日でも夜中でもいつでも借入可能です。

申込時に郵送書類をなしにした場合はローンカードが発行されずに、インターネットの管理画面から振込のみで借入手続きをしている方もいるでしょう。その場合は、インターネットバンキングができる口座があると土日や深夜などに関係なく、即時〜数分程度で口座に振込が可能な場合があり、atmからの出金もできます。アプリがある場合は、特定のコンビニのatmの前でアプリを起動させて借入と出金処理ができる所もあります.。