お金借りる 職業別

お金借りる方法を職業別にご紹介!エントリー一覧

公務員・正社員が低金利でお金を借りる方法

会社員が借りれる銀行系カードローン公務員や会社員のように安定した収入が存在する場合には、銀行系カードローンを使うことで安心してお金を借りることが可能です。銀行系カードローンの特徴は、銀行の傘下に入った消費者金融がサービスを提供しているという点です。銀行というのは、金融商品という金融に関わるサービスを...

続きを読む

無職の専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦でも借りれる銀行系カードローン家計を預かる専業主婦は、お給料日前に数万円程度の生活費が足りなくなることもありますし、冠婚葬祭の予定が入り、御祝儀が必要になることも多いです。専業主婦は収入がないので、消費者金融や信販会社のキャッシングは利用できなくなっています。専業主婦がお金を借りる方法を知り...

続きを読む

年金受給者がお金を借りる方法

年金受給者でも借りれるカードローン年金受給者は基本的には消費者金融ではお金を借りられません。なぜなら、ほとんどの消費者金融では「働いており安定した収入を得ている人」というのが条件についているからです。全ての消費者金融がそうというわけではないですが、アコム・プロミスなどの大手消費者金融では働いている人...

続きを読む

自営業、フリーランス、個人事業主がお金を借りる方法

個人事業主でも借りれるカードローン個人事業主と自営業は別々の言葉ですが、意味はほぼ同じと考えておいて差し支えありません。自営業のほうが個人事業主よりも言葉の幅が広いようです。個人で独立起業を目指す場合でも、年収が800万円以内なら法人化せずに個人事業主のままでいたほうがよいと言われています。似た言葉...

続きを読む

パート、アルバイトがお金を借りる方法

フリーターでも借りれるカードローンパートやアルバイトだと1ヶ月あたりの収入も少ないですが、そんな人でもお金を借りることはできるのでしょうか。カードローンでは、一般的には20歳以上の安定した収入があるということが条件になっています。つまりその雇用形態は問わず正社員でもフリーターでも問題はないのです。学...

続きを読む

契約社員、派遣社員がお金を借りる方法

契約社員でも借りれるカードローン契約社員や派遣で働いている方がお金を借りたいと思った時、正社員ではないから借りることができないのではないかと心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。たしかに、雇用期間の定めがあるため収入等の安定性の面で審査が厳しくなることがありますが、銀行系カードローンやキャ...

続きを読む

学生でもお金を借りれる方法

学生でも借りれるカードローン法律上では未成年者は責任能力が低いということで、融資は20歳以上からとしています。ただし、未成年者でも親の同意があれば融資を可能としている銀行や消費者金融も存在します。大学生や短大生にもお金を貸しているカードローンやキャッシングの商品名を「学生ローン」「学生キャッシング」...

続きを読む

外国人でもお金を借りれる方法

外国籍でも借りれるカードローンお金を貸してくれる便利なサービスとしてはキャッシングやカードローンなどがあります。基本的にこれらのサービスを利用するには貸したお金を必ず返してもらえる信用力が必要とされます。反対にいえば信用力があれば利用することは可能です。外国人・外国籍でも同様ですが、利用条件として設...

続きを読む

夜職や水商売でもお金を借りれる方法

水商売でも借りれるカードローン居酒屋などの飲食店で勤務をしている人も多いですし、女性の場合はキャバクラなどの水商売の仕事をしている人も増加しています。水商売や夜職の人は月給制の会社員に比べると、収入が安定していないのでカードローンやキャッシングが利用できるか不安を感じている人が少なくありません。水商...

続きを読む