お金借りる アルバイト パート

フリーターでも借りれるカードローン

パートやアルバイトだと1ヶ月あたりの収入も少ないですが、そんな人でもお金を借りることはできるのでしょうか。カードローンでは、一般的には20歳以上の安定した収入があるということが条件になっています。つまりその雇用形態は問わず正社員でもフリーターでも問題はないのです。学生バイトでも20歳を超えていれば、少ない収入でも利用することはできます。

 

カードローンで契約できる金額は年収の1/3が上限ですので、パートやバイトで年間120万円収入があるという人なら最大で40万円までの借り入れが可能だということです。ただし契約すれば必ずしも上限いっぱいまでお金を借りられるというわけではなく、パートやアルバイトの場合には最初は限度額が10万円までなど低く設定されることが多いですし、希望通りに借りられるかどうかは契約してみるまでは分かりません。

 

カードローンは一度契約すれば手軽にお金を引き出せますが、これはメリットでもありデメリットでもあります。限度額いっぱいまで借りてしまうと、毎月の収入がわずかしかないパートやフリーターの場合には返済できなくなるリスクも当然ながらあるのです。月あたりの最低返済額なら無理なく返済できますが、いつまでも完済しないので収入が多い時にまとめて返済する必要があります。

 

カードローンを契約する時には収入をごまかしたりせずに正直に申告しましょう。また契約したあとは計画的に利用することが大切です。もともと収入が少ないのですから非常時に利用するだけなどルールを決めておくと安心です。

 

また改めて契約をしなくても、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスを利用することもできます。10万円程までの融資ならすぐに利用できます。もともと収入が低いわけですのでつい気が大きくなってお金を借りすぎないように気をつけて下さい。金利が大きい負担となりますので、短期で返済するつもりで返済できる額を借りることが重要です。

関連ページ

公務員・正社員が低金利でお金を借りる方法
安定収入を得ている公務員や正社員の方が、低金利でお金を借りる方法をお教えします。おすすめの借入先と申し込み方法もご案内!
無職の専業主婦がお金を借りる方法
無職で収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。スマホで簡単に申し込めるカードローンをご紹介。夫の同意書は必要?自宅に電話がかかってくるの?といった気になる疑問にもお答えしています。
年金受給者がお金を借りる方法
年金受給者が無担保でお金を借りれるカードローン・キャッシングや年金を担保にしてお金を借りる低金利の融資制度についてご紹介しています。
自営業、フリーランス、個人事業主がお金を借りる方法
自営業の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。ビジネスローンとカードローンの違い、使い分けなどについても解説しています!
契約社員、派遣社員がお金を借りる方法
非正規雇用の契約社員や派遣社員がお金を借りる方法を具体的にご紹介。審査や在籍確認、おすすめのカードローンについても解説しています!
学生でもお金を借りれる方法
学生がお金を借りる方法を具体的にご紹介!申し込みから融資を受けるまでの注意点やポイントなど、これから借りる人必見の情報です。
外国人でもお金を借りれる方法
外国籍の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介しています。どこで借りれる?永住権がなくても平気?何を準備すればいいの?などよくある疑問に回答します。
夜職や水商売でもお金を借りれる方法
夜のお仕事をしている方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。最短即日融資、無利息サービスなどに対応したおすすめのカードローンを公開します。