お金借りる 学生

学生でも借りれるカードローン

法律上では未成年者は責任能力が低いということで、融資は20歳以上からとしています。ただし、未成年者でも親の同意があれば融資を可能としている銀行や消費者金融も存在します。

 

大学生や短大生にもお金を貸しているカードローンやキャッシングの商品名を「学生ローン」「学生キャッシング」と言います。

 

学生ローンの対象者は18歳以上(高校生不可)です。未成年学生の場合は、「保護者の同意」と「本人の収入(アルバイト可)」が必要です。成人学生の場合は「本人の収入」は必要ですが、保護者の同意は得る必要ありません。

 

学生を対象としていないローンでは審査を受けることはできないので注意しましょう。

 

申込みは商品公式サイトからできます。申込みページの必要事項を記入して送信すると、融資の審査が行われます。審査に通過できればお金を借りることができますが、審査に落ちればお金は借りられません。

 

学生の審査は比較的緩いので、アルバイトで一定の収入を得ていれば通過できる可能性は高いでしょう。ただし、収入を通常よりも高く申告するなど嘘の情報での申し込みはバレる確率が高く、すると審査に通過できないどころか今後の借入れにも影響してくることになるので注意しなくてはなりません。

 

借入れにあたり提出する書類に身分証明書と保護者の同意書があります。身分証明書は全ての方に提出が求められますが、先述したように保護者の同意は未成年者だけに求められます。

 

身分証明書は運転免許証や保険証などが有効ですが、その他に在学を証明するための学生証も必要です。保護者の同意、ようするに親のサインですが、これは親に相談して書いてもらわなくてはいけません。そのため親に内緒でお金を借りることはできないでしょう。

 

サインを求められない場合は悪質業者の危険性があります。また、サインを偽造して提出した場合は未成年者の保護権利を受けられなくなり、詐欺に問われる可能性もあるので注意してください。

関連ページ

公務員・正社員が低金利でお金を借りる方法
安定収入を得ている公務員や正社員の方が、低金利でお金を借りる方法をお教えします。おすすめの借入先と申し込み方法もご案内!
無職の専業主婦がお金を借りる方法
無職で収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。スマホで簡単に申し込めるカードローンをご紹介。夫の同意書は必要?自宅に電話がかかってくるの?といった気になる疑問にもお答えしています。
年金受給者がお金を借りる方法
年金受給者が無担保でお金を借りれるカードローン・キャッシングや年金を担保にしてお金を借りる低金利の融資制度についてご紹介しています。
自営業、フリーランス、個人事業主がお金を借りる方法
自営業の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。ビジネスローンとカードローンの違い、使い分けなどについても解説しています!
パート、アルバイトがお金を借りる方法
パートやアルバイト、フリーターでもお金を借りられる方法を具体的にご紹介しています!おすすめのカードローン・キャッシングを厳選して公開中。
契約社員、派遣社員がお金を借りる方法
非正規雇用の契約社員や派遣社員がお金を借りる方法を具体的にご紹介。審査や在籍確認、おすすめのカードローンについても解説しています!
外国人でもお金を借りれる方法
外国籍の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介しています。どこで借りれる?永住権がなくても平気?何を準備すればいいの?などよくある疑問に回答します。
夜職や水商売でもお金を借りれる方法
夜のお仕事をしている方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。最短即日融資、無利息サービスなどに対応したおすすめのカードローンを公開します。