お金借りる 自営業

個人事業主でも借りれるカードローン

個人事業主と自営業は別々の言葉ですが、意味はほぼ同じと考えておいて差し支えありません。自営業のほうが個人事業主よりも言葉の幅が広いようです。個人で独立起業を目指す場合でも、年収が800万円以内なら法人化せずに個人事業主のままでいたほうがよいと言われています。

 

似た言葉としてフリーランスもあります。フリーランスという言葉は職業というよりも働き方の1つの形態です。個人事業主のほうは法律上の区分であり明確な定義がありますが、フリーランスのほうは明確な定義はなく、人によって使い方のニュアンスが異なります。この3つの言葉はよく混同されますので、簡単に違いを把握しておきましょう。

 

このように、個人事業主でも年収が800万円近くある人もいるので、一概にカードローンの審査で不利になるとは言い切れません。サラリーマンに比べると事業に失敗をして無収入になってしまうリスクは高いです。サラリーマンは雇用保険やボーナス、退職金があります。

 

しかし、年収300万円のサラリーマンと年収800万円の個人事業主では後者のほうが有利になるはずです。勤続年数などのほかのポイントも絡んでくるので一概には言えません。

 

個人事業主でも総合的に信用がある人なら銀行で融資を受けられる可能性があります。2社〜3社の銀行に申し込みをしてみてどこも断られたら次は消費者金融を検討してみましょう。

 

住宅ローンでは30年程度の長期間お金を借りるので、はっきり言って個人事業主の人は不利です。正社員の人は定年まで保証されているのに対して、事業に失敗したら無収入になってしまうからです。

 

しかしカードローンで限度額30万円程度を借りるなら可能性はあります。同じ条件なら正社員の人よりも不利ですが、事業年数や年収、信用情報などが総合的に基準を満たしているなら審査をクリアできます。

 

アルバイトやパートに比べるとわずかに有利になるとも言われているので、諦める必要はありません。

関連ページ

公務員・正社員が低金利でお金を借りる方法
安定収入を得ている公務員や正社員の方が、低金利でお金を借りる方法をお教えします。おすすめの借入先と申し込み方法もご案内!
無職の専業主婦がお金を借りる方法
無職で収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。スマホで簡単に申し込めるカードローンをご紹介。夫の同意書は必要?自宅に電話がかかってくるの?といった気になる疑問にもお答えしています。
年金受給者がお金を借りる方法
年金受給者が無担保でお金を借りれるカードローン・キャッシングや年金を担保にしてお金を借りる低金利の融資制度についてご紹介しています。
パート、アルバイトがお金を借りる方法
パートやアルバイト、フリーターでもお金を借りられる方法を具体的にご紹介しています!おすすめのカードローン・キャッシングを厳選して公開中。
契約社員、派遣社員がお金を借りる方法
非正規雇用の契約社員や派遣社員がお金を借りる方法を具体的にご紹介。審査や在籍確認、おすすめのカードローンについても解説しています!
学生でもお金を借りれる方法
学生がお金を借りる方法を具体的にご紹介!申し込みから融資を受けるまでの注意点やポイントなど、これから借りる人必見の情報です。
外国人でもお金を借りれる方法
外国籍の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介しています。どこで借りれる?永住権がなくても平気?何を準備すればいいの?などよくある疑問に回答します。
夜職や水商売でもお金を借りれる方法
夜のお仕事をしている方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。最短即日融資、無利息サービスなどに対応したおすすめのカードローンを公開します。