お金借りる 派遣 契約社員

契約社員でも借りれるカードローン

契約社員や派遣で働いている方がお金を借りたいと思った時、正社員ではないから借りることができないのではないかと心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

たしかに、雇用期間の定めがあるため収入等の安定性の面で審査が厳しくなることがありますが、銀行系カードローンやキャッシングは契約社員や派遣であることが理由で審査が通らないということはありません。

 

もし審査が通らず借りることができなかったという場合、審査に落ちた理由は別のことが理由です。とはいえ、審査に落ちた理由は教えてもらえないため契約社員や派遣であるから借りられなかったと思ってしまう方もいるのです。

 

審査に落ちる主な理由としては次のような理由が考えられます。

 

まず、信用情報機関に事故情報が登録されていることです。使用情報機関の事故情報とは他の金融機関でお金を借りた際の返済やクレジットカードの返済、通信費などの支払いが遅延した際にのる情報です。事故情報は最低でも5年間残ってしまうため、これらの返済、支払いの遅延に覚えがある方は、それが原因で落ちた可能性があります。

 

また、カードローンの申し込み情報も信用情報機関に残るため短期間に複数の会社に借入することは避けて下さい。この情報は最低6ヶ月は残ります。もし、審査に落ちたから他の会社で申し込んでみようなどと思って申し込むのであれば、少し期間をおいてから申し込まなければなりません。

 

信用情報機関の記録が審査落ちの原因となる以外に年収に対する希望額が多すぎる場合も審査に通りにくいです。キャッシング会社は貸金業法という法律のもとでお金の貸し付けを行っていますが、この法律では年収の3分の1を超える金額の貸し付けが禁止されています。

 

そのため、事故情報が残るようなことをした覚えがないのであれば借入希望額が多すぎる可能性があります。なお、銀行系のカードローンの利用では貸金業法が適用されないため年収の3分の1を超える金額でも借りられることもあります。

関連ページ

公務員・正社員が低金利でお金を借りる方法
安定収入を得ている公務員や正社員の方が、低金利でお金を借りる方法をお教えします。おすすめの借入先と申し込み方法もご案内!
無職の専業主婦がお金を借りる方法
無職で収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。スマホで簡単に申し込めるカードローンをご紹介。夫の同意書は必要?自宅に電話がかかってくるの?といった気になる疑問にもお答えしています。
年金受給者がお金を借りる方法
年金受給者が無担保でお金を借りれるカードローン・キャッシングや年金を担保にしてお金を借りる低金利の融資制度についてご紹介しています。
自営業、フリーランス、個人事業主がお金を借りる方法
自営業の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。ビジネスローンとカードローンの違い、使い分けなどについても解説しています!
パート、アルバイトがお金を借りる方法
パートやアルバイト、フリーターでもお金を借りられる方法を具体的にご紹介しています!おすすめのカードローン・キャッシングを厳選して公開中。
学生でもお金を借りれる方法
学生がお金を借りる方法を具体的にご紹介!申し込みから融資を受けるまでの注意点やポイントなど、これから借りる人必見の情報です。
外国人でもお金を借りれる方法
外国籍の方がお金を借りる方法を具体的にご紹介しています。どこで借りれる?永住権がなくても平気?何を準備すればいいの?などよくある疑問に回答します。
夜職や水商売でもお金を借りれる方法
夜のお仕事をしている方がお金を借りる方法を具体的にご紹介。最短即日融資、無利息サービスなどに対応したおすすめのカードローンを公開します。