お金借りる 身近

子供からお金を借りる

人生は何が起きるか分からない日々の連続です。

 

急にお金が必要になった時に自分の貯金では賄えない状況が発生して、自分の兄弟やかわいがってくれるおばあちゃん、自分の旦那や子供など身内からお金を借りる人も少なくありませんが、祖母をはじめとした近しい身内にお金を借りる事は気軽に頼みやすいと考えるのではなく新調になる事がたい節です。

 

金融機関やローン会社からお金を借りる時には借入に対して返済期日や金利などの取り決めがあり、その約束を守れないと督促されたり遅延金が発生したりします。長期間返済が滞ればそれなりのペナルティも課せられて、社会的な信頼を失ってしまうこともあるのです。

 

無理の無い返済計画を立てた上でローンの申込を行う事が重要になります。

 

その反面身内にお金を借りる時は、家族としての信頼や気遣い、関係性などがある為に、ローン会社の申込の時みたいな審査は必要なく困った時に直ぐに貸してくれるケースも少なくありません。

 

身内だからこそ甘えが発生してしまい口約束だけで書類を作らなかったり、返済が滞ってしまうケースもあります。そのことで他の兄弟や身内を巻き込んでの感情的なもつれやトラブルになることが多いのです。

 

友人から借りるときの注意点

緊急でお金が必要になったときは、身近な人からお金を借りる必要性も出てきます。

 

すぐに返せるあてがあるなら知人や先輩・友達に頼んでみるのも手です。もちろん返すあてがない状態で頼むのはよくないので、この場合はきちんと事情を伝えておく必要があるでしょう。また借入する金額は1万円程度に抑えておき、それ以上の金額は避けるのが得策です。

 

多くの人にとって1万円は大きな金額ですから、上限は1万円と考えておくのが得策です。10万円などと高額が必要なときは、銀行や消費者金融を活用しましょう。

 

同僚や上司から借りるという人もいますが、お昼代程度に抑えておくのがいいです。財布を忘れて一時的に用立てしてもらうのはよいでしょうが、数万円などの高額の借入は避けるべきです。

 

お金の貸し借りをすることで人間関係にヒビが入ってしまうと、仕事にも影響してくるでしょう。異性から借りたほうが楽という方もいますが、同情を誘うのは得策ではないです。きちんと理由を話して、誠意を魅せることが大切になります。

 

恋人に借金の申し込みをする場合は特に注意が必要で、場合によっては別れ話に発展することも覚悟してください。特に男性が女性に借金の申し込みをするのは、互いの関係上からもよくないです。