お金借りる 注意点

カードローンに申し込むまでの流れ

カードローンは、インターネットや無人契約機を利用した方法で申し込みを行います。

 

必要事項を打ち込んでいき、それを消費者金融に送信すれば審査が始まります。まず始まるのは信用情報の確認の審査です。信用情報とは、その人物の債務の情報を確認するためのものであるため、この時点で審査に引っかかる場合には申し込みを続けることができませんのでこれは注意点です。

 

信用情報に問題がないときには、必要な書類をその場で提示することになります。インターネットなどを利用して申し込みを行うときには、書類等を郵送することはできませんので、カメラなどで撮影したコピーをそのまま送信することになります。

 

顔写真や住所など、きちんと自分の身分を証明できる形で送信することです。これの前後では、在籍確認という電話の確認の審査も行われます。電話の確認は自宅にかかってくるわけではなく、その人物が通勤している会社に対して電話がかかってきます。

 

流れとしては、会社側に電話の確認が取れた段階で審査に通ることになります。こうした一連の流れを見てもわかるように、消費者から何か審査に関して行動しなくてはいけないことはありません。要求されたことに応えていれば、最短で即日の融資が可能です。

 

申し込む時の必要書類

現在、金融機関から融資を受ける際は、どれ位の額を借りるかによって、さらにどんな商品を利用するかによっても必要書類が変わってきます。例えば、カードローンやキャッシング等の少額融資の場合は、担保や保証人を用意する必要はなく、運転免許証や健康保険証等の身分証明が出来る物を用意すれば手続きを進める事が出来ます。

 

ただ少額融資と言っても希望する借り入れ額によってはその人の給料明細等収入を証明する物の提示を求められる事もあり得るのです。住宅ローン等の高額融資の場合はしっかりと返済できる事を証明しなければならない為、身分証明になる物だけでなく給料明細や源泉徴収、さらに印鑑証明等も必要となる場合が出てくるのです。

 

希望する借り入れ額が多くなればなる程、より多くの必要書類を用意しなければならなくなる傾向となっています。

 

身分証明書としては運転免許証だけでなく住基カードを利用する事が出来る金融機関も有ります。またマイナンバーカードを利用して自分の身分を証明する事ももちろん可能です。

 

しかし身分証明書に関してはその金融機関によっても規定が違っており、マイナンバーカードを認めている所も有れば、まだ身分証明書としては認めていない所も有ります。

 

審査が甘いカードローン

キャッシングの審査通らないときに注意するべきことは、なぜ落ちたのか自分なりに考えてみることです。お金を借りる審査はある程度厳しいものであり、審査が甘いという話を信用してはいけません。審査の甘さを訴えてくるローンは怪しいので、契約対象から除外するのがよいです。

 

そもそも審査をする目的は返済能力の判断にあり、申込者が返済できない金額の借入をしないようにするために行われます。10万円なら問題なく返済できるという方でも、50万円になると厳しくなる可能性はあるのです。無理のない借入をするためにも審査は必須であり、結果的に利用者のためにもなります。

 

原則として審査のないキャッシングは存在しないため、必ず融資するというローンは嘘だと考えてよいです。

 

一般的に融資を受けられる確率は70〜80%くらいであり、100%になることはありえません。お金を借りる審査はすべての方を対象に行われるため、審査なしで借りることは不可能です。

 

審査通らない原因としては希望額が大きいことが第一に挙げられるので、まずはここを抑えていくとよいです。また一度でも審査に落ちてしまうと、同じローンの申し込みはできません。別のローンを探して申し込むことになりますが、希望額は前回より抑えるのが得策です。